【宝石の王様】ダイヤモンドの起源と歴史 / Google翻訳の画像翻訳機能

スタッフブログ

【宝石の王様】ダイヤモンドの起源と歴史 / Google翻訳の画像翻訳機能

スタッフブログ
2017年01月28日

こんにちは!加納です。

先日に『Google 翻訳』アプリが、
バージョンアップされ、新機能が追加されたのをご存知ですか?

翻訳機能といえば今まで言葉を打ち込む事で、
日本語と外国語の変換を行っていました。

しかし今回の新機能はGoogle翻訳アプリ内のカメラを使用する事で、
カメラで読み取った文字をそのまま翻訳してくれるという神機能です。

さっそくその新機能をつかってみました。
普段私が飲んでいる、インスタントコーヒーが目の前にあったのでそれを、、笑

picture

青枠の部分分かりますか 😯 ??

通常が右側の写真ですが、左側が翻訳され英語になっています!!
色々試してみましたが、スマイルグループは『G』の文字が認識されずに残念 😥

logo_smilegroup_002-1

文章になると正しい翻訳とならず多少残念な感じでした..
が、便利かつかなり重宝しそうなのは間違いなしですね✨

さて本題に入りたいと思います♪

lgi01a201312151400

宝石の王様といえばダイヤモンドだと思いますが、
ダイヤモンドは何でできているかはご存知ですか?

答えは、炭素です!
炭素の同素体のひとつがダイヤモンドなのです。

ちなみにダイヤモンドは45億年前に初めて誕生したと言われており、
地球の起源のタイミングから存在していると言われています。

ダイヤモンド先輩は私たち人間よりも古くから地球に居たという事になりますね!笑

ダイヤモンド先輩も最初からダイヤモンドとしての形である訳ではありません。
炭素の塊である状態から、マグマの熱と圧力で圧迫される事で生成されます。
そうして自然の力で生成されたダイヤモンドを私たち人間が手にしている事になります。

今では高級品と価値付けられているダイヤモンド先輩ですが、
古い昔はその価値を見出されていなかったそうです。

ダイヤモンドの大きな特徴のひとつといえばその硬度です。
モース硬度という硬さの基準値がありますが、そこでも
地球上の全鉱物の中でも一番硬い存在として位置づけられています。

長い歴史の中で、ダイヤモンドの研磨を行えるようになり
宝石としてや工業用製品など様々な分野で今でも活躍をしています。

その価値にいち早く気づいたユダヤ人の方々が
全世界のダイヤモンドをコントロールするほどの帝王会社の設立に繋がるそうです。

しかしそんなダイヤモンドも今となっては
人間の力で作り出す事が可能な時代になりました。
製造に関して私は詳しくは分かりませんが、凄い事である事は間違いないです!

今日はダイヤモンドの歴史については以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TEL.0120953380TEL.0572449971
メールでのお問い合わせはこちらメールでのお問い合わせはこちら