買取店は「偽物」とは言わない理由。

スタッフブログ

買取店は「偽物」とは言わない理由。

スタッフブログ
2017年04月22日

こんにちわ。
今日はブランド品などを買取店に持って行き、「偽物」と言われた事のある人がいない理由について書いて行きます。
ひょっとしたら言われた事がある人もいるかと思いますが、事実上は「偽物」とは言えないのです。

みなさんもブランド品を購入したり、もらった事は1度はあるかと思います。
このブランド品、海外で購入された場合、やけに安い物を購入していると正規の商品で無い場合が多々あります。
HW20160702363715_TP_V1

お客様の中には「昔、海外旅行で安かったから買った」と言われる方などから
正規品では無い。当社の規定にそわない品が出てくる場合もあります。

ブランド品があまりに低価格で売っている事事態が怪しいのですが、
安さついでで購入される方が後を絶ちません。ブランド品と言われるぐらい
ですので、無駄に高いのがブランドです。

クロムハーツなどは貴金属の価値で言うならば、ほんの数百円〜数千円ほどの価値しかありません。しかし、店頭に並べ、「クロムハーツ」と言うブランドで売ると、驚く程の高価格になります。
貴金属価値では数百円でも、ブランドが入るだけで、数万、数十万となります。

本当に良い商売だなと思ってしまいますが、それこそがブランド品なのです。

正規品、非正規品ですが、もちろん正規のお店で購入された物は正規品で間違いないと思います。
非正規品ですが、これは上記に書いたように、実際にかかる原材料は本当に微々たる物の場合があり、この差が大きいブランドはよく非正規品が市場に出回る傾向が強いです。

くれぐれも非正規品を買ってしまわないように、信用のある場所からの購入をオススメ致します。

でわ、ここで「偽物」と言えない理由について書いていきます。

ほとんど全てのブランドには「商標権」と言われる知的財産権を取得しています。ロゴマークや社名、商品名などいろいろあるんですが、この商標権を持っている会社しか、「偽物」との判断はできないのです。
仮に当社がエルメスの商標権を持っているとするなら、当社はエルメスの商品を「偽物」と断定する権利があります。

持っていない企業の場合は、自社の独自の判断材料や長年の経験などで、
品物の違和感を見抜きます。
すごい人になると数メートル離れて見ても、「違う」と思ったりするものです。
00_PP53_PP_TP_V
[好きこそものの上手なれ]とは良く言ったもので、
鑑定士や真贋の鋭い方は大抵そのものが好きな方が多いです。

鑑定士あるあるですが、よくどうやったら見分けられるの?
と質問される事は良くあるそうです。(私はあまりありませんが笑)

実際に口に出して説明するのは至難の技なんですよね。泣

猫や犬を飼っている方ならわかると思いますが、自分の家の犬と他人の家の犬を間違える事はまずないと思います。(同じ犬種で)
しかし、他人からみれば同じ犬(犬種)ですので、判断は困難です。
これに良く似ていて、やはりたくさん見て、触って覚えるしかないのです。

どこの企業も多少はブランド品の規定などがありますが、年々非正規品も形を変え、進化していくので、規定だけではなかなか難しい所もあります。

業界全体としては「撲滅」を願っており、そのような団体も存在します。

悲しい思いをされる、人や会社を少しでも減らす為には1人1人のモラルが大切かと思っております。ブランド品は高いからコソのブランドです。
怪しい所の安いは安易には手を出さないよう、御気をつけ下さい。

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TEL.0120953380TEL.0572449971
メールでのお問い合わせはこちらメールでのお問い合わせはこちら